なるちゃんドリーム(210

1着 2着 3着 着外 2連対率 3連対率
G1ドリーム実績(最近20戦) 4 2 1 13 30% 35%
全ドリーム実績(最近20戦) 7 4 2 7 55% 65%
丸亀の初日実績(最近20戦) 9 4 2 5 65% 75%
1着 2着 3着 着外 2連対率 3連対率
G1ドリーム実績(最近20戦) 1 3 2 14 20% 30%
全ドリーム実績(最近20戦) 5 5 2 8 50% 60%
丸亀の初日実績(最近20戦) 11 2 1 6 65% 70%
1着 2着 3着 着外 2連対率 3連対率
G1ドリーム実績(全1戦) 0 0 0 1 0% 0%
全ドリーム実績(最近20戦) 0 1 2 17 5% 15%
丸亀の初日実績(最近20戦) 4 7 2 7 55% 65%
1着 2着 3着 着外 2連対率 3連対率
G1ドリーム実績(最近20戦) 2 3 4 11 25% 45%
全ドリーム実績(最近20戦) 4 4 5 7 40% 65%
丸亀の初日実績(最近20戦) 5 5 4 6 50% 70%
1着 2着 3着 着外 2連対率 3連対率
G1ドリーム実績(全3戦) 1 0 1 1 33% 66%
全ドリーム実績(最近20戦) 2 0 6 12 10% 40%
丸亀の初日実績(最近20戦) 6 6 0 8 60% 60%
1着 2着 3着 着外 2連対率 3連対率
G1ドリーム実績(全2戦) 1 0 0 1 50% 50%
全ドリーム実績(最近20戦) 1 1 4 14 10% 30%
丸亀の初日実績(最近20戦) 7 0 4 9 35% 55%

なるちゃんドリーム展望

2日目12R、なるちゃんドリーム。こちらの1号艇に選出されたのは、徳島支部のエース田村隆信だ。本タイトルの前回大会でも、ドリーム戦1号艇で登場し、キッチリ逃げ勝っている。これで勢いに乗ったまま予選突破、そして準優、優勝と逃げて完勝し、本タイトル2度目のVを手にしている。インにおける実績は申し分なく、素直に逃げ切りを信頼するべきだろう

もちろん、この田村隆信に対するメンバーも強豪揃いだ。本タイトルV2の三嶌誠司、同V1の重成一人林 美憲と3人のタイトルホルダーが控える。加えて、昨年末に当地で優勝したのが記憶に新しい佐々木和伸に、昨年G1初優勝を飾り、トップレーサーの仲間入りを果たした片岡雅裕など、多彩なメンバーが揃った好カードだ。

なるちゃんドリーム展開予想

①田村のイン戦の信頼度は非常に高い。スタート遅れも考えづらく、イン捌きも的確だ。先マイから、差させずマクらせずのターンでキッチリ押し切るとみる

対する②三嶌は、近況、差しが好調。年をまたいで当地で開催されたお正月レースでも、ドリーム戦を2コースから差し切って勝ち星を挙げている。インの①田村が外をけん制し、少しでも懐を開けるようなことがあれば、見逃さずに鋭く差し込んでくるだろう。

③佐々木は、センターからの連対率が高く、②三嶌が差しに構えるようであれば、すかさずその外を握って出る。

④重成は、カドから早いスタートで仕掛ける。鋭いマクリ差しに定評のある④重成だが、4コースの場合、スリットからのぞけばマクリに出ることも多い。その一撃も魅力ではあるが、同時に、この攻めに①田村が飛び付くようなことがあれば、波乱の要因となるかも…。

⑤林も、早いスタートからの攻撃力が魅力で、外枠からでも一撃のあるタイプだ。一つ内から攻める④重成をマークしてもいいし、自力での攻め切りもあるだけに、むしろ頭で狙ってみたい。

⑥片岡は、大外なら差しを選択することが多い。地元では外枠からの3着率が高めで、④重成⑤林と攻め手が並んだだけに、最内がポッカリ開く可能性はある。