出場選手分析

登番 選手名 支部 この選手の特徴
3415 松井 繁 大阪 スローでの捌き的確で、4コースだと連下系1、2、3コースは的確捌きで3連対。一方、4コースは連下系。京極賞は第44回V。
3422 服部幸男 静岡 2、4コースで実績あり、特に4コースが好調3連対率では大きな差はないが、2連対率では4コースがインに次ぐ数値。
3573 前本泰和 広島 コース不問の決定力あり、当地は相性もいい2、3コースでは3連対率が75%を超える。当地はSG準Vを含め、4連続優出V2。
3590 濱野谷憲吾 東京 大外を除けば、3連対率はいずれも高い5コース以内はいずれも3連対率が50%超え。大外でも3着浮上はそれなり。
3612 馬袋義則 兵庫 記念は連下増加も、好調な4コースはどうかスロー水域なら十分粘り込める。近況の4コース戦は、3連対率70%超えで注目。
3622 山崎智也 群馬 マクリの決定力高く、特に優勝戦は強さ見せるマクリでの1着が3割ほど。優勝戦は1着多く、特にカドなら注目。京極賞は第62回V。
3716 石渡鉄兵 東京 ダッシュ苦にせず、頭まで狙えるのが魅力コースを選ばず結果が出せるし、4、5コースでも高い1着率をキープ。
3779 原田幸哉 長崎 鋭いS攻勢から、スロー水域で1着を量産1、2、3コースで高い1着率。その一方で、インの安定感と水面相性には疑問も。
3780 魚谷智之 兵庫 2コースは2着が正解か。当地は相性もいい2コース2着率は47%で、3連対の半分以上が2着。当地は直近5節で4優出V3。
3897 白井英治 山口 4コース以内で実績も、特に2コースが好調2コースは1着が最も多く、3連対率も85%。3、4コースも3連対率は70%前後。
3907 村越 篤 香川 差しが的確で、特に2コースは好実績あり2コースは2連対率65%で、差しでの1着も多い。一方で、イン実績にはやや不安も。
3908 重成一人 香川 6コースでも連下多く、3コースなら1着も大外は連下系で、3連対率50%。3コースはピンロク。京極賞は第55回、第57回V。
3946 赤岩善生 愛知 取り口多彩で、特に内寄りで決定力ありインはもちろん、2、3コースで高い決定力。2連対率は50%を超え、1着率も高い。
3955 眞田英二 徳島 連下寄りだが出番多く、内寄りでは侮れない2、3着が多いタイプだが、捌きは堅実。スロー水域なら十分存在感を示せそう。
3960 菊地孝平 静岡 艇界屈指のS力には、特にセンターで注目1着狙いはインとセンター。2コースも3連対率は60%だが、2、3着が多め。
3961 谷村一哉 山口 2コース決定力あり、外でも連下浮上狙える2コースは2連対率が65%と高い。外でもマクリ差しは鋭いが、こちらは連下が多め。
3978 齊藤 仁 東京 全コースで安定感あり、2コースは1着も十分最も低い6コースでも、3連対率は52%と高い。2コースの1着率は38%。
3995 重野哲之 静岡 当地は相性いいが、久々の参戦でどうか当地は目下4連続優出V2としているが、前回の参戦は14年の3月と、約4年ぶり。
3996 秋山直之 群馬 思い切りのいい全速戦は、全コースで出番あり記念では連下の割合が増えるが、全コースで浮上を狙える全速戦が魅力。
3997 北村征嗣 大阪 記念未知数も、捌き発揮なら見せ場つくれる一般戦が主戦場とはいえ、全コースで高い3連対率。5コースでも80%を超えている。
4013 中島孝平 福井 レース運び巧みで、ダッシュでも粘り強いもうひとつ頭に決め切れない一方で、6コースまで使って粘り強く舟券に貢献。
4030 森高一真 香川 やや連下が増えたが、地元では結果出す地元では全コースで勝率が上昇し、優出もほぼ外さない。京極賞は第59回V。
4049 荒川健太 三重 イン実績あり、2コース差しでも堅実に貢献記念では3着の比率が増加するが、インは強く、2コース差しも安定的。
4052 興津 藍 徳島 水面相性よく、センター、アウトでも注目センターでも3連対率は60%超え。5コースは2着が多い。当地は過去10節で7優出。
4061 萩原秀人 福井 2コース安定感高く、大外なら連下で注目2コースは2連対率69%で、3連対率は80%。大外は3連対率55%で全て2、3着。
4064 原田篤志 山口 内寄り安定感増し、記念でも活躍増加中記念戦線での活躍も増えてきた。1~3コースは2連対、4コースでも3連対で注目。
4101 三井所尊春 佐賀 マクリに決定力あり、特にカドは要注目逃げよりマクリでの1着が多い(45%)。4コースは2連対率59%で、1着率が高い。
4174 赤坂俊輔 長崎 2コース捌きが堅実で、当地は相性もいい2コースは3連対率77%に対し、2連対率69%と差は小さい。当地は過去に完全Vも。
4256 渡辺浩司 福岡 イン決定力高く、2コース差しも堅実インの2連対率は94%と、ほぼ2連対。記念は苦戦も目立つが、2コースは堅実。
4261 岡 祐臣 三重 センター安定感あり、ダッシュでも浮上十分3、4コースの3連対率はいずれも65%。記念に限定すると、4コースの実績が際立つ。
4262 馬場貴也 滋賀 2コース安定感上昇し、3コースは一発力2コースの3連対率が82%と高く、3コースでは68%まで落ちるが、1着率は33%。
4287 今井貴士 福岡 コース実績偏り少なく、3連対なら全コース最も低い6コースでも、3連対率は51%。2連対はさすがに4コース以内までか。
4295 小坂尚哉 兵庫 2コース安定感あり、3連対なら全コース2コースは2連対率60%で、3連対率では78%。最も低い6コースでも3連対率50%。
4302 西野翔太 広島 記念未知数も、差し的確で3連対は十分差しやマクリ差しでの1着が多く、この舞台でも3連対なら十分に狙える。
4305 金子拓矢 群馬 握れる枠番で持ち味発揮。当地は相性もいい差しの1着も多いが、記念では奇数コースでの活躍が目立つ。当地は過去10節で7優出。
4308 河村 了 愛知 3コース一発力あり、2コースは差し堅実3コースは3連対率72%で1着も多い。2コースは3連対率81%だが、1着は少ない。
4320 峰 竜太 佐賀 SG初Vの舞台。全コースで注目できる1~4コースは1着まで狙える。外でも3連対率は高い。17年7月に当地でSG初V。
4331 三好勇人 香川 2コース連下系も、3コースは一発あり内寄りで安定感。2、3コースとも3連対率は80%ほどで、3コースなら頭もある。
4364 池永 太 福岡 2、3コースは1着あるが、4コースは連下2~4コースは2、3連対率とも大差はないが、4コースになると連下が中心に。
4384 鶴本崇文 大阪 差しが的確で、2、4コースで安定感あり2、4コースは似た実績。2連対率は45%ほどで、3連対率はどちらも76%。
4448 青木玄太 滋賀 イン買いづらいが、3連対率は総じて高いインの3連対率は76%で、強気には買いづらい。記念でも全コースで2、3着狙える。
4459 片岡雅裕 香川 2コース実績あり、3着なら外でも届く2コースは2連対率52%で、1着も多い。5、6コースは2連対減るが、3着なら十分。
4460 後藤翔之 東京 2コース堅実で、カドなら一発力発揮も2コースは3連対率82%で、2着が多い。4コースは2連対率38%だが、一発ある。
4494 河合佑樹 静岡 堅実なレース運びで、高い3連対率をキープ外のコースほど3連対率は下がるが、6コースでも50%。2コースは2連対で稼ぐ。
4528 黒井達矢 埼玉 2連対で稼ぐ傾向で、2、4コースは実績近況は特に3着が少なく、2連対が中心。2、4コースはともに2連対率60%超え。
4537 渡邉和将 岡山 センターでも安定感あり、特にカドは注目センターでは連下が中心だが、それでも3連対率が、3コース72%、4コース82%。
4547 中田竜太 埼玉 コース実績に偏り少なく、安定して貢献2~4コースは2連対率40%前後で、3連対率は55%前後。京極賞は前回の第65回V。
4573 佐藤 翼 埼玉 カド攻撃力あり、一発の魅力。水面実績も十分4コースは2連対率57%で1着も多い。当地は一般戦ながら、V2の実績あり。
4584 村岡賢人 岡山 マクリ差し鋭く、外からの浮上で配当底上げ記念ではダッシュからの浮上で好配を演出。当地は目下4連続優出中の好相性度。
4586 磯部 誠 愛知 高い1着率が魅力も、記念ではピンロクか高い1着率が魅力で、勢いに乗れば手がつけられなくなるかも。大外除いて1着ある。
4643 近江翔吾 香川 鋭いマクリ差しが魅力で、ダッシュでも注目マクリ差しでの1着が多く、外でも侮れない。ただ、記念では連下絡みが中心な傾向。
4719 上條暢嵩 大阪 出番増加中で、特に1、2、4コースでは注目記念でも出番は増加中。連下が目立つものの、1、2、4コースは2連対も十分。